皇族电竞竞猜_app官网下载~

图片

教育

薬科学専攻(修士?博士)

1. 入学者受入方針(アドミッションポリシー)

(1) 求める学生像
  • 創薬科学の基本を理解し、国際的な活躍を目指す意欲を有する学生
  • 高度化及び先端化する創薬科学、生命科学、環境科学領域の研究に挑戦する意欲を有する学生
  • 自立して創造的な研究に取組む志及び継続する忍耐力を有する学生
  • 常に人と環境に配慮することができる人間性と倫理観を持つ学生
(2) 修得しておくべき知識の内容?基準

ア 博士前期課程(修士課程)
研究を遂行する上で必要とされる皇族电竞竞猜卒業と同程度の薬に関する科学の基礎学力と科学英語能力を有すること。

イ 博士後期課程
研究を遂行する上で必要とされる薬に関する科学の基礎学力に加えて、専門研究分野における基礎的知識と実験技術を有すること。
英語論文作成や国内外での発表や討論に必要な英語力を有すること。

(3) 入学者選抜方法

ア 博士前期課程(修士課程)

  • 推薦入学試験
    口述試験、学業成績証明書及び推薦書を総合して行う。
  • 一般入学試験
    学力検査(専門科目?英語)及び面接の結果を総合して行う。

イ 博士後期課程

  • 一般入学試験(社会人選抜も含める。)
    出願書類の審査に加えて、学力検査(プレゼンテーションと質疑)及び面接の結果を総合して行う。

2. 教育課程の編成?実施方針(カリキュラムポリシー)

薬科学専攻では、高度な専門性を有する薬学領域の研究者や技術者に相応する研究能力を養成する教育課程を編成する。創薬の基本3要素(探索?評価、合成および薬物送達)に加えて、生命?環境科学、レギュラトリーサイエンスに関する高度な専門知識も体系的に修得させ、併せて語学及び異なる研究領域の授業科目の開講により国際的感覚と広い視野を身につけた人材を育成する。

ア 博士前期課程(修士課程)

薬科学専攻博士前期課程(修士課程)では、創薬?健康?環境科学に関わる研究者、技術者としての倫理観及び国際化と情報化に対応できる英語力を体得することを期待して必修の基礎科目を設けている。また、狭い領域の専門科目に偏らないよう、専門選択科目をA~D群の各分野(有機系、生物系、物理系、医療系)に分類し、各分野から必ず1科目以上を選択し、合計6科目以上専門選択科目として履修することとしており、幅広い学識を身につけることを目指している。

基礎科目は3単位、専門科目は専門選択必修科目として1単位、専門選択科目として6単位以上、専門必修科目(演習?実験を含めるもの)20単位、合計30単位以上を修得することが修了要件の一部である。

イ 博士後期課程

博士後期課程では、主として創薬分野で自立して創造的研究活動を遂行するために必要な研究能力を養うことを目標として、学位論文作成に向けた実験を主体とする「薬科学特別研究(18単位)」と共に、基礎選択科目として学習の継続性が必要である語学科目、また、創薬の基本3要素(探索?評価、合成及び薬物送達)に加えて、レギュラトリーサイエンスに関する高度な専門知識を体系的に修得できる専門選択科目を設けている。

薬科学特別研究18単位、基礎選択科目と専門選択科目と合わせて2単位以上、合計20単位以上を修得することが修了要件の一部である。

3. 学位授与方針(ディプロマポリシー)

(1) 到達目標
  • 著しく進歩する生命科学分野と医療分野からのニーズに応えられる薬?環境?健康に関する研究を遂行する上で、自立して創造的研究活動を遂行するために必要な研究能力が備わっていること。
  • 豊かな学識、常に人と環境への配慮を怠らない優れた人格を身につけているとともに、薬学研究者として求められる高い倫理観が備わっていること。
(2) 学位授与要件

ア 博士前期課程(修士課程)

修士課程においては、当該課程に2年以上在学し、30単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上で、修士論文を提出し、その論文の審査及び最終試験に合格した者に修士(薬科学)の学位を授与する。

イ 博士後期課程

博士後期課程においては、当該課程に3年以上在学し、20単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上で、博士論文を提出し、その論文の審査及び最終試験に合格した者に博士(薬科学)の学位を授与する。ただし、在学期間に関しては、優れた業績を上げた者については、当該課程に1年以上在学すれば足りるものとする。

薬学研究科薬科学専攻の研究内容

薬学研究科薬科学専攻の研究内容

皇族电竞竞猜について

学生掲示板

HOMEに戻る